アルファから世界へ! あなたらしい日本語教師を目指そう!

卒業生・在校生の声

仕事をしながら日本語教師を目指す

村山 由紀子さん

大学卒業後、企業に事務職として就職。会社勤めの傍ら、学生時代に始めたスケートボードは今も続け、世界大会に出場の経験も。仕事にも勉強にも趣味にも、精一杯取り組んでいます。

受講生と卒業生の声 アルファ国際学院の“ここがよかった”

今、営業事務をしながら通学していますが、30代半ばを迎えて将来を考えたときに、このままで大丈夫かという疑問と焦りを抱くようになりました。そしていつしか「何か手に職をつけたい」という思いになりました。いろいろな習い事を考えましたが、将来にわたり長く活躍できそうな仕事として、日本語教師を目指すことに決めました。学校選びでは「仕事をしながら通える学校」という条件で探し、単位取得制で夜間も土日も授業があるアルファなら自分でも通えると思い決めました。自分の予定に合わせながら通学できるので、授業は問題なく取れているのですが、課題も意外とあるので仕事をしながら通うのは、時々心が折れそうになることもあります。でも、同じように仕事をしながら通っているクラスメートと自然と励まし合いながら頑張っている日々です。これからいよいよ教育実習に入るのでドキドキしていますが、授業見学を重ねるうちに授業のイメージが徐々にできてきているので、少しでも学習者のためになれるように準備をして授業に挑みたいと思っています。

このページの先頭へ戻る
このページの先頭へ戻る