アルファから世界へ! あなたらしい日本語教師を目指そう!

卒業生・在校生の声

卒業後、国内で活躍

山本 克彦さん

旅行会社で定年を迎え第二の人生を考えて64歳のときに日本語教師を目指し入学。 

受講生と卒業生の声 アルファ国際学院の“ここがよかった”

80歳を迎え、早いもので、日本語を教えて16年がたちます。こんな面白い仕事に巡り合えて本当に幸せな人生だなと感慨深い今日この頃です。日本語教師の醍醐味は何といってもいろんな国の方を教えることができることです。自分が行ったこともない国でも生徒からその国の文化を教えてもらうことができ、いつまでもわくわくできる仕事ですね。健康であれば、何歳でもできる仕事なので、健康管理をしながら一日でも長く教えられるように頑張っています。シニアの方、日本語教師は本当にいい仕事ですよ。

このページの先頭へ戻る
このページの先頭へ戻る