アルファから世界へ! あなたらしい日本語教師を目指そう!

卒業生・在校生の声

外国ルーツの子どもたちや保護者との出会いがきっかけで、日本語教師を目指す

土居 由美子さん

中学校英語教師を定年の1年前に退職。 セカンドキャリアとして日本語教師をめざし、 アルファに入学。21年3月理論通信講座修了。

受講生と卒業生の声 アルファ国際学院の ”ここが良かった”

定年が近づくにつれて、自分の次のステージについて考えるようになりました。教師生活の中での外国ルーツの子どもたちや保護者との出会いなどから、せっかく御縁があって来日した人たちに「日本で生活してよかった」と思ってもらえるお手伝いができる仕事として、日本語教師をめざす決心をしました。

11月の実践講座のスタートに間に合わせるため、7月からのビデオの視聴は計画をたてて集中して行いました。講師の先生方の個性あふれる興味深い授業や、視聴した結果が数値化されていくこと、アバターの着替えなど意欲を持続させる工夫のおかげで完走することができました。

実践講座は、片道2時間半の遠距離通学になる私には、かなり覚悟のいるものでした。家族の応援を得て、週2回から3回、博多に通学しました。ハードな5ヶ月間でしたが、教案の書き方や授業の進め方、語彙コントロールの仕方や留学生との教育実習など、対面でなければ習得できないものをたくさん学ばせていただきました。

アルファ国際学院がくれた、同じ日本語教師をめざす仲間や温かく真摯に向き合ってくださった先生方との出会いを糧に、これからも頑張っていきたいと思います。

このページの先頭へ戻る
このページの先頭へ戻る