今なら間に合う2020年の日本語教育能力検定試験攻略

日本語教育能力
検定対策講座

(全在宅受講プラン)

受講料

198,000円(税込)

「コロナに負けるな」
キャンペーン

入学金OFF

アルファ国際学院の新講座
『検定試験合格最速学習パッケージ』登場!


日本語教師の資格試験として30年以上実施されている日本語教育能力検定試験には、アルファの学習者も毎年多くの方が受験をしております。 試験全体の合格率は年度により差はありますが、合格率約25%の難関試験だといえます。 その中でアルファ国際学院の合格率は毎年55%以上の高い合格率の実績を誇っています。 そもそも当学院は、第一回の日本語教育能力試験が開催された年に開校致しました。 日本語教師の登竜門的存在と言えるこの試験の対策をしていくことを目的としたからです。 30年以上かけてそのノウハウを積み重ね現在の高い合格率を実現しているのです。

「春を迎え今からではもう今年の検定試験は難しいのでは?」と思っている方もいらっしゃるかと存じますが、そんなことはありません。 アルファでは毎年7月に一から勉強を始めた方でも検定合格を成し遂げている方がいらっしゃるのです。 検定合格に向けて一番大切なことは、『主要科目をいかに効率よく学ぶか』です。 5月・6月から勉強を始めてもまだまだ間に合います。 とはいえ、ここからは無駄な回り道はできません。 そこで、アルファ国際学院の30年の検定対策のノウハウを生かして『最速学習プラン』をご提案させて頂きます。 また、今回のプランはすべて在宅で学習ができますので、新型コロナウイルス感染症拡大予防をしながら学習ができる今年という年にぴったりのプランです。 ウイルスを制圧したのち日本語教師として活躍できる準備を今からしておきましょう。

この講座は、ネット環境を活用して、映像授業をいつでも学べる主要8科目に加え、オンライン会議システム『Zoom』を活用して家にいながら生の配信授業を受講することができる検定直前対策講座がセットになったお得なプランとなっております。 映像授業で基礎を学び、検定直前対策で試験解答法を学ぶことができます。 もちろんZoomの授業では質疑応答ができるので、試験前までに知りたいことを知ることができるのも大きな味方です。 本パッケージには、本試験同様のスタイルの模擬試験であるアルファ模試もセットになっておりますので、本番前の試験慣れ対策も万全です。 是非この機会にご検討ください。

ZOOM説明会を順次開催しております。 是非お気軽にご予約下さいませ。

すべて在宅で受講できます

理論8科目:通信教材で受講
約100時間の映像コンテンツ
出題内容の基礎となる理論8科目を映像コンテンツで学習。試験によく出る項目を厳選し、約100時間にまとめました。いつでもどこでも視聴可能なので、それぞれの生活スタイルに合った学習ペースで効率よくすすめることができます。
科目 回数 総時間
1 言語と心理 16 12時間50分47秒
2 教授法 6 5時間35分58秒
3 文法研究 12 7時間12分33秒
4 音声学 21 16時間06分57秒
5 社会言語学 8 5時間48分40秒
6 初級文型① 30 21時間58分13秒
7 初級文型② 30 23時間49分38秒
8 語彙意味 12 10時間09分01秒
TOTAL 135 103時間31分47秒
『整理ノート』を活用して内容を体系的に覚える!
映像を視聴しながら使うのが、アルファオリジナルツールである『整理ノート』です。内容に沿った穴埋め式なので、要点をまとめながら理解することができます。活用することで多分野にわたる内容が面白いように理解できます。
検定直前対策講座(全10回x各3時間)
オンライン授業(zoom双方向)
問題演習を中心とした、実戦力養成のための講座です。事前に配布された問題を授業前に解いておき、授業内では解答と解説を中心に進めます。双方向のオンライン授業なので、わからないところは講師に質問することも可能です。
講座科目
音声学・文法・教授法・言語学全般
言語と心理/記述対策・基礎全般・教室活動(実践対策)
アルファ模試10月4日(日)
在宅受験
本番の試験と同様の形式で行われる、当学院オリジナル模擬試験。検定当日の緊張感と時間配分の練習にもなります。
問題内容は、最新の出題傾向と業界動向をとらえて、長年にわたる検定対策の実績をもつ当学院の講師陣が作成します。
また、模試の結果から自分の弱点分野がわかるので、最後の追い込みと総仕上げに活かすことができます。
●こ自宅で受験後、解答用紙を送付
⇒ 採点結果を返送(約1週間後)

講師紹介

沖濱 麻美子

アルファ国際学院の開校当時より教壇に立ち、『歩く辞書』の異名を持つ沖濱先生は、栄えある第一回日本語教育能力試験の合格者でもあります。そのあふれる知識は、分野を問わず問題解決へと導いてくれます。また、当学院の養成講座ディレクターとして、全体のコースデザインを担当しております。本検定直前対策講座では、主要科目である『文法』を担当し、みなさんの合格をアシストして頂きます。

森 智香子

アルファ国際学院の旧通信講座(現在の通信講座の原形)で学び、見事検定を一発合格した皆さんの先輩にあたる存在ともいえます。養成講座の講師としても15年以上教壇に立ち多くの検定合格者を輩出する一翼を担って頂いております。日本教育能力試験だけでなく、インドネシアの学生を指導し超難関と言われる『看護師試験』の合格へと導いた指導力は、まさに検定攻略の鬼才と呼ぶにふさわしい存在です。本講座では、主要科目である『教授法』を中心に複数の科目を担当していただきます。

水野 正規

まさに異端児と呼ぶにふさわしいアルファきっての名物講師。言語学の専門家であり、モンゴル語研究を主戦場として某有名高校でも教壇に立ち、抜群の指導実績を誇ります。水野先生の音声は分かりやすいという声も多く聞こえてきます。本検定対策講座では主要科目である『音声学』を担当していただきます。

アルファの特徴

特徴1

検定に特化した無駄のない科目設定

日本語教育能力検定試験を最短学習で合格する為に、全ての試験範囲を網羅するのではなく、徹底的に試験の主要範囲に絞り学習する科目設定としています。だから最短3か月でもこの難関試験の合格を目指すことができるのです。

特徴2

最先端のハイブリッドオンライン学習法

映像コンテンツ(100時間)からなるAOS(ALPHA ONLINE SCHOOL)は、ゼロから基礎作りを目的とし、いつでもどこでも何度でも、理解できるまで学べるイーラーニングの特徴を活かした学習法です。付属教材であるアルファオリジナル整理ノートを組み合わせて学習することで、学習効果を最大限に引き上げることができます。
そして、もう一つの遠隔会議システム『Zoom』を活用したLive授業では、今聞きたい、今解決したい、すぐ理解したいというイ-ラーニングの弱点を補うことができる学習法です。アルファではこれらの2つのオンライン学習法を組み合わせた、まさに時代が生んだ最先端のハイブリッドオンライン学習法を確立しました。この学習法で皆様を検定合格へと導きます。

特徴3

検定対策のプロ講師陣

主任講師の沖濱は、第1回日本語教育能力試験の合格者であり、当学院の開校以来33年にわたり教壇に立ち続けている本試験対策のエキスパートなのです。沖濱先生を中心に検定直前対策講座を担当する3名の講師は各分野のエキスポートです。どこが大切なのか、どこを覚えるべきかを分かりやすく解説いたします。

特徴4

受験後も安心サポート

10月25日(日)開催予定の検定試験後は、試験に合格しても不合格でも様々なサポートをご用意しております。本プログラムの映像コンテンツの授業は、文化庁届出受理講座である420時間講座の一部です。残りの部分を学習し、420時間講座への移行も可能です。また、検定合格した場合に実践科目を集中的に学べるプランもご用意しております。また、就職希望者には、個別相談を実施し、日本語教師としての第一歩をアルファから踏み出して行くことを最大限応援いたします。

講座とその他に関するお問い合わせ

アルファ国際学院

TEL:0120-910-031

受付時間 10:00〜18:30

キャンパス

国内

東京本校

国内

大阪本校

国内

横浜校

国内

名古屋校

国内

博多校

海外・英国

ロンドン校

海外・タイ

国立タマサート大学校