アルファから世界へ! あなたらしい日本語教師を目指そう!

通学コース
(通常プラン/期間無制限プラン)
日本語教師養成420時間総合講座
(文化庁 届出受理番号H29042113010)

東京本校・横浜校限定プラン。開校以来32年間時代とともに内容をより良いものにしながら、これまで3700名以上の卒業生を輩出してきたアルファ国際学院の420時間総合講座です。理論・実践・教育実習をバランスよく学ぶことができ、日本語教育の初心者であっても、基礎からしっかりと学び、プロフェッショナルな日本語教師になることができます。

また、毎年10月に実施される日本語教育能力検定試験の試験内容を網羅しているので、本講座を受講していれば、検定試験に向けた対策もしっかり行うことができます。さらに、アルファ最大の特徴である教育実習(実際の外国人への指導)は60時間(80単位時間)と、充実していますので、卒業後は即戦力教師として国内外どこの日本語学校でも活躍することができます。

厚生労働省『教育訓練給付制度』指定講座

こんな方がこの講座を選んでいます

手に職を付けて
就転職したい方
第二のキャリア
として考えている
シニア層
主婦をしながら
パート的に働きたい方
海外就職を
目指したい方

アルファ国際学院の特長

他校にはない充実の教育実習60時間(80単位時間)で即教壇へ

アルファの教育実習は、本当に日本語を学びたい外国人学習者に教えることをモットーにしております。これは、教師としての指導スキルは、実際に教えることでしか身につかないという譲れない理念を持ちこだわり続けているからです。そして教師不足の昨今、採用後に研修を行うことができない日本語学校がほとんどです。そんな中、即戦力として活躍できるアルファの修了生は各日本語教育機関から高い評価を得ています。

経験豊かで、一流の専門家講師陣

アルファの日本語教師養成講座を担当する講師は、専門性の高い優秀で経験豊かな講師陣です。アルファは開校当時当学院の名誉顧問でもある国語教育の第一人者であった林巨樹青山学院大学名誉教授(元国語審議会委員)の研究チームが中心となり講師陣を構成しておりました。また、長年教師養成講座を運営している中で、卒業生には多数の優秀な人材を輩出しております。そういった卒業生の中からも経験を積んだものを講師として採用し、質の高い日本語教師養成講座を長年続けられる仕組みづくりを構築しております。これは、30年以上教師養成を行っている実績がなせることと自負しております。また、理論部分においては各分野の専門家も招聘し授業を行い、実践指導担当講師は、最低5年以上の日本語教師経験を有する者で、実践指導法の研修を行った上教壇に立っています。こういった教員養成の講師育成システムが、教師養成講座の質の底上げにつながっていると考えております。

他履修期間(1年)以内に修了できなくても延長が出来る忙しい方にやさしい講座

他校平均より長い1年かけてマイペースで学習ができ、さらに延長も可能(有料*)な「忙しい方にやさしい」構成。
今までは通信講座でも東京で受けるだけしか選択肢の無かった日本語教師への道がより広い地方の皆様に準備できました。(今後も順次各地へ展開予定)
学びたくても学べなかったあなたに新しい可能性をご提案します。

抜群の就職サポートで、希望者就職率100%

当学院は、おひとりお一人に入学前から在学中も随時個別進路相談を実施致します。また、グループ内では、国内外に多数の日本語教育機関(国内6校・海外5か国6拠点)を有しており、オリジナル求人も充実しています。他校にはない圧倒的な就職情報を持っているので、就職希望者は全員日本語教師として就職することができます。

講座の内容(全488単位時間)

理論科目

13科目(222単位)

日本語教育能力検定試験の試験範囲を網羅し、合格のために必要な知識習得を目指すことから始めます。さらに、より高度な教育理論から異文化論まで、国際化時代の日本語教師として身につけておくことが必須の知識を幅広く学びます。

■ 文法基礎■ 文字表記■ 語彙意味■ 日本語概説■ 日本語教育学■ 言語学■ 社会言語学■ 対照言語学■ 教授法■ 異文化論■ 文法研究■ 音声Ⅰ・Ⅱ
実践科目

7科目(186単位)

実践的なトレーニングを中心に初級者から中・上級者までを対象にしたオールラウンドな教授法を学習します。加えて教材の選定や的確なテスト作成の方法などプロ教師として必要な知識やテクニックを身に付けるカリキュラム構成です。

■ 初級文型Ⅰ・Ⅱ■ 実践Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ■ 教材研究■ 評価法
教育実習

60時間(80単位)

当学院はビジネスマン対象の日本語学校も併設しています。そこで、実際の授業を60時間担当し実習を行います。修了後即戦力の教師となる養成上のポイントです。
※海外校での実習プログラムもあります。

■ プライベート形式■ グループ形式

理論

日本語教師になるための基礎的な知識を学ぶ

日本語を教えるのに必要な様々な分野の基礎知識を専門の講師から学びます。「日本語の発音の仕方とは?」「外国語と比べて日本語の特長とは?」など、これまで知らなかった知識があふれています。

実践

ロールプレイで日本語教師を実感

教師役と生徒役に分かれてロールプレイ形式で授業を行います。自分自身の指導の良い点と改善点を指導教員が分かりやすく解説し、教育実習に行く準備が整います。

教育

実際の学習者に指導する教育実習で教師力UP

当学院の教育実習では、実際の外国人学習者に対しての授業を担当します。だから、実際に必要な日本語の指導法を実感することができます。

カリキュラム

学習区分科目名内容
社会・文化・地域 日本語教育学 日本語教育史と現在の日本語教育施策の解説に加え、公式な日本語教育実態調査データを取り上げて解説と実際に国内外の日本語学校事情などを事例紹介を加えて行っていく。
言語と社会 社会言語学 社会言語学や言語政策と「ことば」について、解説する。
異文化論 異文化理解と異文化間教育を教える
言語と心理 教授法 第一言語習得や第二言語習得理論など語学学習論の基本を学び、学習者の心理に関しての基礎的な知識を身につけ、オーディオリンガル法等の歴史的教授法の理論を学び、教材研究やコースデザイン等は、事例を用いて日本語教師として現場で生きる教授法能力を解説する。
言語と教育 初級文型 日本語教材を通じて、文型や語彙等の新出順を整理しながら、文型の指導法などを解説する。
実践 教師役、学習者役に分かれて、ロールプレイを行い。実践を通じて、具体的な指導法を学んでいく。
評価法 問題作成演習を通じて作成したテストを、評価測定法に則っているか検証し、テスト作成能力を養う。
教育実習 実際の日本語教育を教案作成から教材制作を各自で行い、授業の助手や指導者の下、実際の教壇に立つことで、日本語教師の役割と責任を実体験する。
言語 言語学 ソシュールや構造主義言語学など一般言語学の基礎の知識を解説する。
文法研究 中学校の国文法から応用的な文法論に至るまでの各種文法論を解説する。
音声学 調音点・調音法やIPA国際音声記号など、基礎から専門的な音声学的知識を解説する。
文字表記 語彙論・意味論を基礎から学び、応用知識までを解説する。
語彙意味 文字の成り立ちなど、文字と表記に関する基礎から学び、応用的な知識までを解説する。

料金表

通常プラン
講座概要受講可能場所:
東京、横浜
受講期間:
2年(受講期間の目安 6~18カ月)
入学時期:
随時
費用624,000円(税込)

入学金:33,000円(税込)
教材費:41,000円(税込)
授業料:550,000円(税込)

給付金

厚生労働省
『教育訓練給付制度』指定講座です

受講料のうち、10万円の給付を受けることができます。
雇用保険加入者もしくは、1年以内に加入者であった方が対象です。
詳しくは、学校にお問い合わせください。

無期限プラン
講座概要受講可能場所:
東京、横浜
受講期間:
無期限
入学時期:
随時
費用646,000円(税込)

入学金:33,000円(税込)
教材費:41,000円(税込)
授業料:572,000円(税込)

給付金

厚生労働省
『教育訓練給付制度』指定講座です

受講料のうち、10万円の給付を受けることができます。
雇用保険加入者もしくは、1年以内に加入者であった方が対象です。
詳しくは、学校にお問い合わせください。

このページの先頭へ戻る
このページの先頭へ戻る