名古屋校ブログ

名古屋校

2020年8月19日

Eラーニングのモチベーション継続法

アルファ国際学院の日本語教師養成講座 理論通信(通信・通学併用)コースは入学後、まずはAOS(アルファオンラインスクール)と呼ばれるサイトにある各分野の映像視聴を進めることから学習がスタートします。

ネット環境さえあれば、いつでも、どこでも、何度でも 取り組めるところが、通信教育(WEB学習)の魅力です。

一方で、通学授業のように 「決まった時間に教室に行かなければならない」 という縛りがないため、よほど意志が強くないと途中で挫折するのではないかと不安を感じる方も少なからずおられます。

通信教育(WEB学習)を独力でやりきるコツはあるのでしょうか。

もちろん最後までやり通せるかどうか、は個々の方々の努力に負うところが大ですし、努力の大きさにも個人差があるものと思います。

ここでは、独断でモチベーションを高い状態で継続するための心構えを3点、上げさせていただきます。

1 短距離走ではなく、長距離走
→日本語教師養成講座の学習は短距離走(無酸素運動)のように、一気に進められるものではありません。
マラソンのように酸素を十分に取りながら、大切なことは、立ち止まらないこと。どんなに忙しくても1週間に少しはAOSに向かう時間を作りましょう。

2 完璧ではなく、とにかく次へ
→文化庁に指定されている養成講座の学習は広範囲にわたります。
すべて理解して次に進むことはまず不可能で、とにかく次に進むことで早く全体像に一旦触れていただくことを最優先にしましょう。

3 日常生活で実践
→学ぶ中身は外国語ではなく、日本語そのもの。言葉の使い方、コミュニケーションの取り方など、今まで無意識で行っていたことを、ぜひ意識して行ってみましょう。

「これが出来たら、苦労しません!」という言葉が聞こえてきそうですが、そうは言わずに実践あるのみ!

今日も少しずつ、前に進んでいきましょう!

アルファ国際学院、

講座とその他に関するお問い合わせ

アルファ国際学院

TEL:0120-910-031

受付時間 10:00〜18:30