名古屋校ブログ

名古屋校

2020年6月17日

肌色?

ある一定年齢以上の日本人にとっては、普通に馴染みのある「肌色」という言葉。国際的に見ると、とてもセンシティブな表現になるか、何色を指しているのかは分かりません。

でも、日本語において「肌色」というと特定の色を指す時代が長く続きました。なぜこの表現が生まれたのかは容易に想像がつきますし、それをどのように外国人に説明するかは、まさに伝える人の腕次第。

良いも悪いも様々な角度から日本の文化、習慣を伝えることも日本語教師の大切な役割です。

あなたなら、どう伝えますか?

ちなみに、「肌色」そのものの色を指す言葉は日本語には存在せず、「うすだいだいいろ」が今は使われていますね。子供たちは自然と使っていますが、一昔前の大人は少し違和感あるかもしれません。

どこにも「肌色」はありません!

本当は緑なのに「青信号」と言ったり、言葉は本当に面白い!

アルファ国際学院

講座とその他に関するお問い合わせ

アルファ国際学院

TEL:0120-910-031

受付時間 10:00〜18:30