名古屋校ブログ

名古屋校

2021年9月14日

~学びのコツは人それぞれ~

アルファ国際学院名古屋校の日本語教師養成420時間総合講座「理論通信」は、「通信」「通学」の併用講座となっております。

「通信」の最大のメリット、それはいうまでもなく
「いつでも・どこでも・好きな時に・好きなだけ」
勉強できる、これに尽きるかと思います。

特に、日本語教育能力検定試験の受験も視野に入れる場合、通学授業では1回で終わってしまう講義が、何度も繰り返し通信では受けられ、都度、一時停止したり、わかりにくかったところを巻き戻して見返したり、重要箇所をマークしておいて自分なりに後で見返せるようリストアップしたり、

自分の工夫しだいで最大限の活用ができる
そこに制限がない

ということは大変大きな学習のメリットです。

一方で、皆さんが考える学習の難しさとはどんなものでしょう?

現在、名古屋校の受講生の方から学習相談を受ける中、よく聞くお声は「理論科目が難しくてわからない」「計画したように進められなくてどうしたらいいかわからなくなった」などでしょうか。

どちらも、都度その方の状況、求めていらっしゃること、そして、日本語教師養成講座を経て現場で働く者としての見地からのアドバイス、などを踏まえて、多角的にご相談におこたえできるようつとめておりますが、とくに「理論科目」の学習内容については、「1回ですべてを理解しようとは思わないこと」も、よくアドバイスしています。

フルタイムでお仕事されながら、本日見事に420時間総合講座を修了されたKさん。

いったいどんなことをポイントとして学習を進められたか、聞いてみました!

「何でもそうですけど、100のものから100を得ようとするのは苦しいし無理だし、続かないと思います。僕は、本など読む時もそうなんですけど、100のものから5ぐらい得られれば十分だと思っています。どんなことでもそれくらいの適当さ加減は大事なのではないかと。もちろん、人によるという点はありますから、
学習から何を得たいと思っているのか明確にして、そこから自分なりのやり方を見つける
ということが、続けて最後までやりきるポイントになるのではないでしょうか。」

いつもひょうひょうと、ユニークなKさんらしい、とても素敵なコメントをいただきました。

そうですね、最初からいきなり「100から100を得よう」とするのは、フルマラソンをいきなりダッシュで駆け出していくようなものでしょうか。

もっと言えば、100から100を得られたという「自覚」ができるのは、それを得ようと取り組んだ期間の、もっと後になってからわかるもののようにも思います。

そして、Kさんが仰るように、『自分がそこから何を得たいと思っているのか』
常に問うていくということも、自分自身の学習を律していくためにはとても重要なポイントですね。

1年前、個別説明会で色々とお話しさせていただいたKさんが、1年後、こんなにもたくましい言葉を仰ってくださる。
本当に感慨深かったです。

アルファ国際学院名古屋校では、学習を進めていて行き詰まった時には、都度「学習相談」でスタッフに何でもご相談いただける体制がととのっております。
安心して受講を始めてくださいね。

アルファ国際学院名古屋校でした。

講座とその他に関するお問い合わせ

アルファ国際学院

TEL:0120-910-031

受付時間 10:00〜18:30