博多校ブログ

博多校

2020年9月15日

教育実習を終えて ~Vol.1~

アルファ国際学院 博多校の平日コースでは元気日本語文化学校 福岡校にて教育実習を行っています。
先日、教育実習を終えたNさんとTさんに教育実習についてインタビューをさせて頂きました。
本日はNさんのインタビューをご紹介いたします♪

☆ 教育実習ではどんなことをされましたか。
授業見学もありましたし、教案について具体的に指導を受けた後、自分で教案を作ってみて先生の前で発表、その後学生さんの前で発表してフィードバックを受けたりと、細かく指導頂きました。

☆ 教育実習で1番印象に残っていることは?
教案を書くのと書いた教案を実際にやってみるのは違うということですね。自分では伝わるだろうと思っているところでも、実際にやってみると学生さんからしたら、「え、これはどういうこと?」というのが結構あるなと感じました。頭の中では授業をしっかり組み立てていても、学生さんの反応を見ながらしないといけないなというのが一番勉強になりました。いくら教案をきっちりきっちり組み立てていても、それをダァーっと流すだけじゃ授業じゃないんだなと。学生さんの反応をみて、学生さんが何をわかったか・わかってないか、そういう反応を見ながら、しかも、学生さんが楽しくなるような授業をしないといけないというのが難しかったです。これからも頑張らないといけないなと思いましたね。

☆ 教育実習先の元気日本語文化学校の雰囲気はどうでしたか。
学生さん達がみんな楽しそうでした。学生さんが先生を呼ぶとき、下の名前で呼んでいて、フレンドリーな空気でしたね。

☆ 今後の目標は?
私は通学科目の履修後、教育実習に入るまで期間をあけてしまったんですが、就活する際は、今度は間をあけないようにしようと思います。期間があくと結構いろんなことを忘れてしまっていたので…。ブランクはあまりよくないなと思いました。10月に日本語教育能力検定試験の受験も控えているんですが、試験だからとか考えずに積極的に就活をしていきたいと思います。

Nさん、ありがとうございました!
就職に向けても、検定試験に向けても、引き続き頑張っていきましょうね。


教育実習を終えたNさん(左)とTさん(右)

講座とその他に関するお問い合わせ

アルファ国際学院

TEL:0120-910-031

受付時間 10:00〜18:30