名古屋校ブログ

名古屋校

2021年11月10日

実践Ⅰで学ぶこと

こんにちは、アルファ国際学院名古屋校です。

アルファの日本語教師養成講座は「通信」「通学」ミックス講座ですが、「通学講座」の最初に勉強するのが、

★★★ 実践Ⅰ ★★★

です!

これは、「みんなの日本語 初級Ⅰ」という教科書を使って、実際に日本語の授業の組み立て、進め方、教案の書き方、教材の選定のしかたや準備のしかたを学びます。
1講目は先生の講義ですが、2講目からは実際に20分ほどの「模擬授業」の発表をクラス内でおこなってゆきます。
日本語授業の基礎の基礎、すべての授業と基本となる大切な学習となります。

右も左もわからない状態から、少しずつ学んでいきます。
クラスメイトの発表を受けて、どんな所がよいか、改善点は何か、考えることでまた自身の課題をつかんでゆきます。
まさに「実践」と言われる所以です。

名古屋校の「実践Ⅰ」では、パワーポイント教材など、ICTはあえて使わず授業を組み立てることを課題としています。
これは、「そういうものがなければ授業ができない」という日本語教師にはなっていただきたくないから。
そのかわり、「実践Ⅱ」からはICT教材の使用も推奨いたします。
海外などでは、ネット環境も紙教材も十分にそろえられないということはあり得ます。そんな時はジェスチャーしたり、絵を描いたり、「その場にあるものを使って最大限」の授業ができる日本語教師になれるとよいですね。

こんなあたたかくて優しい教材を作ってきてくださった受講生の方も(*^^*)
こんな教材で授業を受けられたなら、どんなに楽しいことでしょう。

「実践Ⅰ」ではまだまだ初めてのことばかりで未熟さは当然の時期ではありますが、その分、成長が早いのもこの時期です。声の出し方、教壇での立ち居振る舞い、指示の出し方など、一気にパフォーマンス力が身についていく時期でもあります。

できなくても当然、楽しみながら、ぐんぐんぐんぐん、成長していきましょう!

アルファ国際学院名古屋校でした。

講座とその他に関するお問い合わせ

アルファ国際学院

TEL:0120-910-031

受付時間 10:00〜18:30