東京本校ブログ

ロンドン校 博多校 名古屋校 国立タマサート大学校 大阪本校 東京本校 横浜校

2020年5月27日

学校再開に向けての準備第一弾【コロナ対策編】

5月25日全国的に緊急事態宣言が解除されましたね。
と言っても、安全になったコロナがなくなったというわけではありません。今までのようなビフォーコロナに戻るのではなく、アフターコロナの世界では、よく耳にする「新生活様式」が必要になってくるようです。
ニュースを見ていると、徐々に小中高校が授業再開していますが、机の周りを段ボールと透明フィルムで個別ブースを作る工作をして授業をしていたり、マスクの上からフェイスシールドをつけて授業をしたりと様々な工夫を見ました。
こういった姿勢・工夫が日本の感染者数が先進国の中では非常に少なく抑えられている要因だろうなと感じておりました。既に日本人は第二波への備えを始めています。来るか分からないものに備えるのは、モチベーションとしては大変なことですが、
そういった心構えができることが、ある意味災害に慣れている日本人の特徴なのかなとも思います。
こういった部分も日本の誇れることとして、日本語教師の皆さんが、世界中の人に伝えていってもらいたいなと思います。

さて、我がアルファ国際学院は念には念を入れて、6月末まで通学授業を取りやめております。通学講座の開始は7月からになりますが、それまではZoomの授業や理論通信の映像コンテンツの授業を頑張って進めてもらえればと思います。
当学院で日本語教師を目指す人の平均年齢は45歳です。(過去3年間のデータ)最高齢は70才代の方です。今回のコロナウイルスは子供や若者よりもまさにアルファに通う方の年代の方の命が危険にさらされていると考え念には念を入れて通学時期を遅らせております。
皆さんも新しい新生活様式に慣れてくる7月に向けて心や体の準備を進めていきましょう。

今日は、再開に向けて徐々に学校の準備を開始しておりますので、そちらの状況をお伝えしたいと思います。アルファのコロナ対策としては、一般的ではありますが、以下のような対応をしてまいります。

【通学時の対応】
1.必ず体温測定を行います。37度5分以上の方は、お休みをして頂きます。
2.消毒薬で手を消毒していただきます。
3.教室は2メートルの間隔を空けて着席して頂きます。(学校が席を指定する場合もございます)
4.授業中はマスク着用をお願い致します。
5.講師も授業中はマスクを着用します。
6.対面での相談ブースには飛散防止シールドを設けます。

手作りしています。

現在までに決まっていることを記しましたが、まだ1か月以上あるので、色んな施設や学校の取り組みを勉強しながらさらに対応をしていき、少しでも受講生の皆様が安心して通学できる環境づくりに努めてまいりますので、ご協力の程お願い致します。

消毒薬を自動散布機に移し替えました。

消毒薬高くなっていますね。というか、元がよくわからないのですが、5リットル14000円でした。
マスクも5000枚用意しております。(通学時忘れた人用)

準備を進め、みなさんが少しでも安心して、笑顔で通学できるように、そしてお会いできる日を待っております。

学院長 梶浦 玄器

講座とその他に関するお問い合わせ

アルファ国際学院

TEL:0120-910-031

受付時間 10:00〜18:30