博多校ブログ

博多校

2020年12月1日

初めての生徒さん

私が日本語教師として初めて担当したのはインドの方でした。
彼はプライベートレッスンに通っていた方で、当時のレベルは初級。
日本語よりも英語を使いたがる生徒さんでした。
特にカタカナを苦手としていた彼に、どうにか覚えてほしいと考え作ったのがこのカードです。

授業中、これを使い毎回カタカナを確認するようにしました。

彼にこのカードを見せると、すごく喜んでくれ、熱心に取り組んでくれました。
そして最後の授業のとき、彼にこのカードが欲しいと言われました。
私は彼のやる気がとても嬉しく、もちろんお渡ししました。

そんな彼からつい先日、なんと急に電話がかかってきたのです!
5年ぶり?6年ぶり?に話す彼は日本語ペラペラで、私は語彙コントロールなしに会話ができました。

「先生が作ってくれたこのカード、今も大切に持っています。」

そう言って送ってくれたのが先程のカードの写真です。

彼との電話で、日本語教師になりたての当時のことを色々と思い出し、すごく懐かしい気持ちになりました。

今だったら、もっと大きいサイズで作るのに!とか、書き順ごとに色を変えたのに!とか
色々と反省点はありますが、それでも大切にしてくれていること、こんなにも日本語が上達していること、すごく嬉しかったです。

講座とその他に関するお問い合わせ

アルファ国際学院

TEL:0120-910-031

受付時間 10:00〜18:30